簡単なのにあまりやっていない宣伝方法

Pocket

今日はいよいよプロ野球界ドラフト会議2019が行われます。

私たち馬鹿夫婦は毎年この時期になると「今年は指名されるかな?」「記者会見はどこでやろうか」「近所迷惑になるよなぁ」などと真面目に語り合っています。

Twitterではこんな投稿を見て自分の馬鹿さ加減を恥じる事に。。。

いや~我ながらホント馬鹿ですよね。でも面白いのでお許しを!

さて、今日のブログです。

あなたはどうやって人に知ってもらうか

自分や自分のお店の事はあまり宣伝しないし、その宣伝の仕方もよくわからないという人がいます。

でも、気がついて見ると、どこで知り合ったかわからない人とSNSで友達になっていたり、お仕事の登録をしていてチェックされているのを見たら誰だろう?と気になったりしています。

知らず知らずのうちに、「自分が今まで知らなかった誰かの事を知って気にしている」事になります。

あ、こうやって知ってもらうんだと思った瞬間

自分を知ってもらうには何かアクションを起こす必要があります。

僕は1年ほど前に「ココナラ」というサイトに登録しているのですが全くの放置状態でした。これに再度「ネットショップの相談受けます」と登録してみました。

自分の好きな漫才師「和牛」がTVCMしてます!

登録すると、思ってもみない事が起きたんです。

僕のこのサービスに対して「お気に入りに登録されました」というメールが何件も届きだした。

「ほう、そんなに興味を持ってくれる人がいるのか」

とバカで単純な僕は思ってしまったんですね。

そして、どんな人が登録してくれたのかを見に行ってみると・・・

みんなそれぞれ「自分の仕事を持ってココナラに登録している商売人」だったんです。

「お気に入り営業」とでも言いますか、要はこうやって自分を宣伝しているようなのです。

喜んだのも束の間、「そりゃそうだわな」と若干傷つきながらも「ネタにしてやる!」とこうして書いています。

キッカケが無ければ誰にも知ってもらえない

自分の事をどうやって知ってもらうか。

例えばSNSでもいい。

フォロワーや友達を増やしたいと思いながらもなかなか増えないとしたら、知ってもらう努力をしていない可能性があります。

よっぽど誰かが宣伝してくれたり、1億円をバラまいたりなんてことをやらない限り、勝手に右肩上がりにフォロワーが増えていくなんて事はあり得ません。

人が知らない人に興味を持つとしたらどんなことがあげられるかを考えてみるとヒントがあります。

やってみる価値のある「簡単な」きっかけ作り

自分の仕事が受け入れられる場所を探す

例えば以前僕が「アメブロ」でブログを書いていた頃の話。

アメブロで集客を考えていた人が多くいた中で、仕事を増やしていたのが「アメブロのヘッダー制作」や「ブログの書き方コンサル」といった「ブログで集客する事に繋がる」事を仕事にしている人。

サロンを運営する人も多く、「サロン売上アップ指導」なども人気があったようです。

このように、自分のお客様になり得る人が多くいる場所「見込み客が多くいるコミュニティ」を探します。

「SNSコンサル」ならツイッターやフェイスブック、インスタグラム。
YouTubeでも「動画制作」や「集客方法」を伝える人。

その中で挨拶してみたりコメントを入れてみたりすると、その人が自分を知るきっかけになりますよね。

このように

  • 自分の仕事を探している人がいる可能性が大きい場所を探す
  • コミュニティの中で挨拶したりコメントを入れて知ってもらう

この二つの行動で自分の事を知ってもらうきっかけを作る事ができます。

ただ、時間と労力がかかるのですぐに結果を出したい人には不向きです。結果を求めるなら広告にお金をつぎ込む事をお勧めします。

以上、よかったら参考にしてみてくださいね!

メールマガジンは来週から月曜日と木曜日に発行する予定です

メルマガを書く頻度はこれまで「不定期」としてきましたが、なかなか発信の量が増えないため週2回と自分で決める事にしました。ブログでは書かない内容をより深く書いていきます。楽しみにしてくださいね!

今日、夕方17時ごろ発信のメルマガは

【 さらに詳しく! 】ライバルが知らない業種別の簡単な集客方法

というタイトルの記事です。メルマガ登録よろしくお願いします!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。