【売れる商材とは】何を売ればいいのかわからないという人へ

Pocket

売れる商材とは 何を売れば良いのかわからない
ブログもどんな記事が読まれるかなんてわからないように

ネットショップをこれから始めたいという人にとって悩みの一つは

何を売っていけばいいのか?と言う問題。

初めから決まっている人に取って見れば「なんだそれ?」と思うような事かも知れませんが、売りたいものを売るのでは無くて「売れるものを売りたい!」という人も少なからずいます。

これはどちらが良いという問題では無くて、商売として始めるにあたってはネットショップに限らず上がってくる問題の一つなんですね。

ここではすでに決まっている人はその商品で頑張ってもらいたいと思っています。

問題は「何を売れば良いのかわからない」という人がどうすればいいのか。

そこを考えていきましょう。

すでに「あなたが売る事ができるもの」は限られている

結論を言うと、何を売るかはすでに決まっています。

世の中にや星の数ほどの商品やサービスがありますが、言ってしまえば何を売ろうがあなたの自由な訳です。だから好きなものを選んで売ったらいいんです。それなのに「選べない」というのは「好きなものを売る」という選択肢を諦めている事をあらわしていますよね。

そうなると、次に考えるのは「何が売れているか」という事になってきます。これは凄く重要で、商売で失敗する人の多くは「売れない商品」を売っている場合が多いからです。

あなたはすでに「売りたい商品を選ぶ」という危険な賭けを避けたのですから良かったと言えるんですね。

ただ、「売れているもの」を「仕入れられるか」と言うとまたこれが問題になってくる。仕入れ先を確保できないと売る事ができないんですね。だからこれもちょっとしたハードルがある。

そうなってくると、もう「何でも良いから売れるものを売る!」という人が出てくるんですが、僕はここが重要なんじゃないかと思うんです。

⇒日本にいながら海外販路開拓 海外卸サイト「SD export」

売れるものを売る

まずは売れるものを売る。これ結構重要な事です。何でもいいから仕入れられるものを仕入れる。

なぜこれが重要なのか?

それは「何が売れるかなんて誰にもわからない」からです。

よく人は「そんなものが売れる訳がない」と言います。でも世の中には「え?そんなものが売れるの?」と思うものが売れている例なんて星の数ほどのあります。以前「小さな石ころ」や「紅葉の葉」なんてものも売れたりしていました。

それは発想が良かったからでしょうか?

確かにそれはあると思いますが、やってみるまで結果は分からなかったはずです。やはり「何が売れるか」はやってみなければわからないし、誰にも分らないという事ですね。

だから、とにかく何でも良いから売れるものを売る事から始めましょうという事です。

売れなければどうするのかと聞く人がいますが、「商売とはそんなもの」と答えています。だってそれが絶対売れる保証なんてあるほうがおかしいんですから。

もしあなたがどうしても「何を売って良いのかわからない」と言う事なら相談してみてください。

早く売って、早く結果を出す事をお勧めします!

⇒単発コンサルティングで話を聞いてみる

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。