選ばれるホームページはどこが違うのか?

Pocket

こんにちは。
ホームページ集客アドバイザーの森です。

昨日はこの記事を「下書き」で保存するつもりが、間違って投稿してしまって慌てて消したんです。

そしたらfacebookにはそのまま投稿されていたんですね。
見つけたらそのまま消せば良いんですが、コメントをもらったので残しておきました。

ややこしくなってすいません!

では引き続きよろしくお願いします。

あなたのホームページが選ばれていないとすれば原因は何でしょう?

ここで言う「選ばれない」というのは
すでにアクセスがあって、見てもらっているのに素通りされてしまう。
まぁ端的に言うと「他所にお客様を取られてしまっている」ホームページの事です。

仮に他所に行ってしまわれても、また戻ってきて見てもらえるようならまだ良いんです。
同じ土俵に乗って「どちらにしようか?」と、しっかり比べてもらっている訳ですからね。

でも多くの選ばれないホームページは一瞬で素通りです。
中身までちゃんと見てくれていない場合がほとんどなんです。
そして二度と戻ってきてくれません。

その原因として、僕はこれが一番ではないかと思っています。

「キャッチコピーと画像」

ですね。

一番なのに2つあるというのは置いといて下さい。

要は見た人に一瞬で「ん?」と思わせる物が必要なんです。

見た人が悩んでいる事を解決してくれそう!とか、
探していたけど見つからなかった物があった!とか

そんな言葉と画像があれば、きっと次のページも見たいと思うはずですよね?

そして下層ページには

他のお店や会社には無い=違い
ここなら何とかしてくれる=期待
ココに頼めば間違いが無い=信頼

こんな事がわかるような内容があれば良い訳です。

みなさんも他のお店や会社のホームページを見る事があると思います。
選ばなかったホームページと選んだホームページ。
そこにどんな違いがあったかを思い出してみて下さい。

見た人の気持ちの動きを考えてみればわかる事ですよね。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です