あなたが「今からでも売れる」理由

Pocket

日頃の仕事の中で「売れているお店(売れていくお店)」とお話すると、「売れていないお店(売れなくなるお店)」と明らかな違いを感じるんです。

それは

売れているお店の人からは「パワー」を感じるということ。

反対に、売れていないお店の人は「ネガティブ」に見えます。会った瞬間に感じるその人が持つ雰囲気ですよね。

相談される方は、僕から見ると「現在地」はそれ程変わりません。正直に言って数字としてはあまり売れていないのです。それは同じです。

ですが、「得体のしれない自信」を持つ人がいるんですよね。

そして僕にこう言います。

「売れる売れないは店長である僕の責任です。僕に無いのは知識ですからそれを分けて欲しいんです。」と。

逆に自分には「行動力」と「諦めない自信」があると言っているように聞こえます。

売れない人はこう言います。

「僕の商品は売れますか?」「本当に売れるんでしょうか?」「何をしてくれますか?」「プロの力を見せてください」

言いたいことはわかります。お金を払うんですから結果を出して欲しい訳ですよね。でも明らかに異なる事は

「責任の所在をどこに置いているか」

と言う事では無く

「誰かに助けて欲しいと思っているから」

と言う訳でもなく

実は

「なんとしてもやる!というパワーがあるかどうか」

という事だけなんです。

 

昨日お会いした方は明らかに「パワー」を持っていました。

まだ売れていないのに美しい店舗を新築し、ベンツを購入したと言います。

「高級品を扱うのに汚いお店や軽自動車ではおかしいでしょ?」と普通に言います。その人にとっては「必要な投資」という事ですね。

 

別に外見にお金をかければ売れると言いたい訳ではないんです。真剣に売れる方法を考えたらそうなったという話。

今ベンツを買うなんてどうかしてると思う人もいるのは当然です。

でもその人は「その代わり酒タバコは一切せず人が寝ている時間も働いている」そして「絶対に売れるようになると信じている」という事です。

僕にはこの人が売れない理由がわからない。

だって、売れるまで諦めそうにないから。

こちらがとても勉強になった出逢いに感謝しています。

ファイル 2017-12-05 10 19 34

 

あなたはネットショップについて独りで悩んでいませんか?
成功の要因の一つは「スピード」と「決断力」です。
思い立った人は、今すぐご相談くださいね!

ご相談はこちらからどうぞ!

緊急電話 090-1890-1364 (森直通)

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です