家族の絆を強くする事は良い仕事に繋がる

Pocket

仕事が上手くいっていない時に限って、家族の関係が悪くなったりする。

あなたはそんな経験ありませんか?

僕はこれまで結構ありました。

仕事でイライラしていると、家族の空気も悪くなる。

そんな空気だから家族に冷たくされる。

そして益々イライラして仕事に影響する。

そんな悪循環になるんですね。

これは結構精神的にキツイです。

 

さて、このお盆休み、家族が立て続けに体調を崩してしまいました。

予定していた行事は全てキャンセル。

病気だから仕方ないですね。

でも、そんな時だからこそやってみたことがあります。

それが

「家族のみんなに優しくする」

ということ。

 

弱っている家族のみんながやって欲しいであろうことを進んでやるのです。

熱を出している娘には冷たくて気持ちのいい保冷剤とスポーツドリンク。

看病疲れの奥さんにはマッサージ&ストレッチ。

今、家族は僕に対してイライラしているなんてことは無いはずです。

そして僕が熱を出したりしたら、きっと優しくしてくれると思います。

 

これは初めに書いた「悪循環」の逆をやっている訳です。

僕が優しくすることで家族も優しい気持ちになってくれる。

そうする事で、仕事に対しても良い影響を与える。

 

もし、仕事でイライラする事があったら、その勢いで家族に当たるのではなく逆に優しくしてみてください。

「悪循環」を「好循環」に意識して持っていくんです。

家族の絆が強くなれば、良い仕事ができます。

 

今日、あらためてそう感じました。

可愛い娘のおかげで頑張ってます!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です