SNSに子供の写真を載せると娘が誘拐される可能性は上がるのか?

Pocket

私のところに相談をしてこられるお店は少なからず現状に満足しておられません。
ぶっちゃけて言うと、売り上げはあまり上がっていない。
だから、お店の名前を出したりその人の顔出したりするのは私も控えています。
これは一応「礼儀」としてです。

本当は皆さんの顔を出したい。
名前もお店もオープンにした方がいいと思う。
でも皆さんそういうことを恥ずかしいと思っているんですよね。
まぁ、上手く行くようになればみなさんの顔ももっと紹介できると思います。

ただ、やっぱりそういう恥ずかしがりやの方々には共通項があるんですよ。

元々「顔を出すのが嫌」だってこと。

売り上げがどうとか、プライバシーがどうとか言うけど、結局は嫌だからやらない。

SNSで発信をしてくださいと言っても、商品の宣伝などがメインで決して自分の写真は出さない。
家族や友人の写真もない。

以前私が子供の写真をFacebookにアップしたら「誘拐されたらどうするんですか!?」って怒られたこともあった。

IMG_1849誘拐される!と怒られた写真

その人は本気で言ってるんですよね。

今の時代、そんな事を本気で言えるのが私としては疑問を感じる。
だって考えてみてくださいよ。

家にかかってくる営業電話
何故か届くたくさんのDM
メールもバンバン届く

さらにインターネットの画面には自分が過去に興味を持った商品の広告がどんどん出てくる。

言っておきます。
プライバシーなんて元々守られていないんですよ。
守られていると思っていた方が安心だから守られていると思っているだけ。

あなたの電話の内容だって、メールの内容だって、誰かに聞かれているし見られている。

上に書いた人は自分の娘が映った写真を年賀状にして住所付きで送ってくる。

最近ではベッキーのLINEだって流出してるじゃない。

そんな世の中で、プライバシーを気にして顔を出さないと言う。
大丈夫なんですよ。
プライバシーなんて守られてないんですから。

最後になりましたが、なぜそこまで「顔出し」を勧めるのか。

それは「お客様の安心感」です。
そして「お客様から見た違い」を生むためです。

インターネットでモノを売るというのは自動販売機を設置しているのとは違います。

実際の対面での商売よりもネットショップの方が人と人との関わりが重要なんです。

街中で顔を隠して歩いていたら不自然でしょう。
絶対怪しいでしょう。
顔を見せないお店で買い物なんかしたくないでしょう。

優しい笑顔でお客様と接している風景。

どうかそんな写真をどんどんアップしてください。

それだけでお客様は安心してあなたを選べるのですから。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です