コンサルティングを受ける事と勉強会に参加する事の違い

Pocket

 

photo1

今日はあるセミナーに参加する予定でしたが台風による悪天候の為安全に考慮して延期となりました。
お得意様から誘われたのですが、ちょうど僕の業界に関するセミナーでしたので勉強したかったですね。

さて、皆さんも同じようにセミナーや勉強会などで知識を得ようと頑張っておられるのではないでしょうか。
もちろん勉強する事は大事ですし、気付きや感動を得られるセミナーもありますから大事な事です。

ただ、せっかくこのようなセミナーや勉強会に参加して知識を得てもなかなか成果が上がらない人がいます。
それは当然の事なんです。
だってせっかく勉強してもそれを実行する人は10%にも満たないんですから。

僕がお客様にお話しする事。
それはひょっとしたら、セミナーで誰かが話している事と同じような事かもしれません。
僕自身がこのブログで書いている事と同じ内容をお話する事もあります。

だったらコンサルティングを受ける必要なんかないじゃないかと思うかもしれませんよね。
でもそれは全く違うんです。
誰かがセミナーで話した内容を聞いても、僕のブログを読んで勉強しても、多くの人はそれを実行しません。

ですがコンサルティングを受けると違います。
僕がお話した事については毎週チェックが入ります。
ですから「やらない」のであればその理由が必要になります。
しかもお金を払っているのですから無駄にしたくない。
だから実行するしか無いのです。

「いつまでたってもやらない自分」を「仕方が無くでもやる自分」に変える。

その為にコンサルティングを申込む人もいますし、最初はそんなつもりが無くてもそうなっている人がいます。
学んだ事を実行すれば何らしかの成果がでるのは当たり前です。

今まで1人で苦しみながらもなかなか前に進めなかった人が申込んでくれています。
そしてワクワクしながら日々実行しています。

わかっているけどなかなか実行できない。
何から手を付ければ良いのかわからない。
毎日ただただ時間が過ぎてしまう。

そんな方は一度問い合わせをして見て下さい。
別に申込まなくても良いですよ。

とにかく前に進む行動を起こす。
それが必要だと言う事なんです。

頑張っていきましょう!

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です