あなたの商品ページに足りないもの

Pocket

IMG_0662売上がなかなか思うように上がらないお店は「何かが足りない」事が多いようです。

昨日お電話いただいたお店もそうでした。

「何が足りないと思いますか」と僕が尋ねると

 

「実際に買ってみたら思ったより小さかった言うお客様が多いので、サイズがわかりにくいというのがあると思います。」

 

という返事がありました。

そこで各商品の写真にサイズを明記する事にしたんです。

 

さらに聞くと

 

「販売している商品と一緒に映っているいるものが欲しいという人がいるんですが、なかなかすぐに見つけられないものもあるそうです。」

 

ですって。

そこで商品ページの説明欄に「後ろの1番の商品はこちら。2番の商品はこちら。」とページ内リンクを貼る事に。

 

ん?

待てよ?!

これはずっと前にコンサルで言っていたことをやってないだけやんか~!!

 

そうですね。

足りない事はわかっていてもやっていなかっただけなんです。

それでも「足りない」と自覚して、自らやらなければならないと思う事は凄い進歩です。

人に聞くだけではなかなか出来ないと言いう事ですね。

 

さて、皆さんの商品ページはどうですか?

足りないものをあげてみてください。

 

例えば

 

1 本当に写真のような物が届くのかわからない

2 イメージ違い、サイズ違いで返品交換は可能か?

3 サイズで送料が違うが、わかりにくいのでは?

4 梱包の状態を知りたい

5 もっと写真のバリエーションが欲しい

6 動画などが無い

7 情報量が少ない

8 文章が読みにくい

9 類似品へのリンク

 

などなど

 

ざっと書き出してみてはどうでしょう。

きっと「あなたが今すぐやるべき事」ばかりのはずです。

 

さぁ行動に移しましょう!!

え?!やり方がわからない?

 

今すぐ連絡してください!!!

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

 

 

【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?(今月残り1名様)
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です