売り方を変えて300万円達成した「激変思考」方法

Pocket

こんにちは!

家族経営で月商300万円越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

 

僕はこれまで7店舗様の月商300万円越えにかかわってきました。

タイプ、商材、組織体系などは様々で、商売の経歴もそれぞれ違っていました。

では一体、売れているお店はどういう思考でお店を運営し、300万円を超える月商に到達したんでしょうか?

今日から僕がかかわったお店の例を順にお話ししていきます。

 

まず1番目は「金魚すくいドットコム」の嶋川さん。

僕が運営に関わったお店の中で最初に300万円の月商を突破したお店です。

shimakawa_bunner

 

なぜこのお店が月商300万円を早々に突破したのか?

それは

現状の売れない商品を

工夫して売れる商品に変えた

という事です。

これはインターネットだから重要だという訳では無く

商売をする上でこの考え方はとてつもなく重要ですね。

 

嶋川さんの場合

金魚を小売りする場合は「観賞用金魚」という商品になる。

これを「金魚すくいセット」という商品に変えた。

 

メインになるのはどちらも「金魚」です。

それをどう売るか。

ここを考えるか考えないかで

売れるか売れないかが変わってくるということになります。

 

ここで「売り方を変える提案」を思考を手に入れたおかげで

後にもそうめん製造業さんに「流しそうめんセット」を提案してヒットに繋げたという僕の実績もあります。

 

あなたのお店も、売り方を変える事でヒット商品に繋がる。

そんな商品が隠れているかもしれません。

嶋川さんの「激変思考」でヒット商品を生み出してください!

 

【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

【3月度ネットショップ勉強会 開催のお知らせ
今年初の「ネットショップ勉強会」を大阪なんばの「スイスホテル」にて開催します!
詳しくはこちらからどうぞ!

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です