私がインターネットでブックカバーを買えなかった理由

Pocket

IMG_7542

スマホのカメラで撮った写真をPCに取り込むと上下反転してしまう。
それを修正すると、今度はスマホで見ると上下逆になる。困ったものです。

 

私は本をいわゆる「ボディバッグ」に入れて持ち運びます。

ボディバッグはいつも持ち歩くので、本を入れておくとどんな時でも読むことができるので便利です。

ところが

ボディバッグは結構大容量で1冊の本を入れるのに困ることは無いのですが、いつもどこか折れ曲がったり、帯が破れたりと、きれいな状態で持ち運ぶことが出来ずに困っています。

そこで私は「ブックカバー」を買おうとネット上で検索を始めました。

別にそんなに高価でなくても構わないので、目につくものを見ていました。

そして、自分の読む本に合うブックカバーを選ぼうと思ったのです。

すると

なんと、私は自分がどの種類のブックカバーを買えばよいかわからないではないですか!

ちゃんとサイズの表記はあります。

楽天市場で1位になっているお店の表記はこんな感じです。

sion-size

とても丁寧な説明だと思います。

わかる人には普通にわかるでしょうね。

でも、私には選べなかった。

他のお店もほぼ同じで楽天市場では選べなかった。

 

そして別のキーワードを入れて再度探しました。

「ブックカバー サイズ わからない」

 

すると、1番上位に表示されたのがこのページです。

ブックカバーのサイズを知りたい

 

ありました!

私が探していた表記が!

「ビジネス書」です!

 

私が買いたかったのは「ビジネス書のブックカバー」なんです!

 

私がものを知らないのは認めます。

そんな人は選ばなくても良いというのなら構いません。

でも、私のような無知な人間でも選びやすい表記。

親切な説明。

私はそんなお店を選びます。

 

このお店が素晴らしい商品を売っているかどうかは別です。

でも、素晴らしい商品を売っているお店がお客様の事を考えて売ればもっと売れるということだと思う。

 

お客様の目線にならなければこれからのお店は選んでもらえないと私は思います。

 

【メールマガジン】

買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

売れないお店の大きな理由。それは「買い手の目線に立っていない事」があげられます。

これを読めば「顧客目線」についてわかり、売れるお店作りに役立ちます!

購読は下記にメールアドレスを入力して登録ボタンを押してくださいね!


買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です