売上3倍増!嬉しい悲鳴が聞こえてきています!

Pocket

コンサルティングのお客様の事例を書いてみます。

奈良県橿原市でタオル屋さんを営む会社「マツダ工芸」様が運営している「マツダクラフト」というお店。

sl-po-ct

ちょうど6か月前にコンサルを依頼していただいて、今月でその契約がいったん終わります。

ここまでの業績はお世辞にも良いとは言えませんでした。
そして、私自身もコンサルティングをするはずが会社の運営体制や様々な問題点をクリアするのが先になってしまい、肝心の売り上げアップに対する方策は殆どお話しできないまま6か月目を迎えたのです。

社長と私は話し合いの場を持ち、このまま同じことを続けていても変わらない事を共通認識として持ったうえでやり方を変えました。

この3月の業績は10日目にしてこれまでの1か月分の売り上げを記録しています。
このままの状況が続けば過去最高の売り上げは当然の事ですが3倍の売り上げも不可能ではありません。

これまで1度も達成したことが無かった月商100万円は確実に超えるでしょう。

なぜそんなに急に売り上げがアップしたのか。

これはある程度予測のようなものもありました。
毎年春先はギフト需要で忙しくなるからです。
だから少しは忙しくなる。
そういう風には思っていたんです。

しかし、ここまでの売り上げアップは予想していなかった。

ちなみにやったことを羅列してみましょう。

1:他社との違いを出して、それをやり続けた。
2:ページの質よりも商品をアップすることを重視した。
3:過去のやり方に固執せず、出来る方法を考えた。

こんな感じでしょうか。

うまく行かない事には理由があります。
その理由がわかっているのにそのまま変化しなければ、いつまで経っても売り上げは上がりません。
売り上げを上げたければうまく行かなかった原因を取り除いてやるべきことをやる。
これで売れるはずです。

私自身も、もう6か月目で結果が出せていないからと諦めていたらこうはならなかったかも知れない。
当然今月で契約切れという事で終了していたと思います。

ただ、これで来月からも末永くお付き合いさせていただけそうです。

「社内はてんてこ舞いなんです!」

笑いながら電話で話してくれた社長の声が今も耳に残っています。

本当によかった。

「私も月商100万円を達成したい!」
と言う方はこちらからどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です