売れないなら売る相手を変えろ!

Pocket

簡単な法則:商品が欲しい人を探してから売ると売れる

売れない商品をいくら頑張って売っていても売れませんよね。

でも、実際に多くのお店や会社がそんな事をやっている。

「いや、売れているところがある。ウチが売れないだけ。なぜなんだ?」

そうなんですよ。あなたのお店以外で売っているところがある。だから自分も売れると思ったんですね。

でもそう思った時点でダメなんですよ。だってみんながそう思って売っているからです。今まで売れていたところだけが売れ続け、新しく売ろうとしても売れないのは当たり前と言えば当たり前です。

仮に運よく売れたとしても、また同じような考えの人がどんどんやってくる。

そうやっていつまでも売れないと言い続けているお店の多い事。

材木をネットで売れた会社があるが他は売れていない
楽器が売れないお店が売れた理由があった

じゃぁ商品を変えるのか?

違います。

商品は変える必要はありません。

売る人を変える事で商品が勝手に変わるんです。

そして、今まで売っていた商品が売れない商品から売れる商品に変わるという事です。

一体どういうことか。

恐らく、これを知らないとずっと売れません。

恐らく、これをやらないとネットショップはいずれ閉店です。

メルマガで説明しますので読んでくださいね。

お楽しみに!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。