SNSで商品を宣伝してはいけない!では一体何を発信すればいいのか?

Pocket

僕のSNSやブログを賑わせていた「腰痛」ですが、またしても寝ているときの「くしゃみ」によってぶり返しております。

ただ、今日も整骨院に行って施術してもらったおかげで、痛みはかなり和らいでいます。

整骨院や病院などで写真を撮るのは少し気が引けるかも知れません。できれば外で撮った方がいいですね(^^;)

今月いっぱいでなんとか痛みが取れてくれたらと思っています。

さて、ブログです。

人はどこから情報を得て物を購入するのか?

ネットショップでお客様に来てもらう事を考えた時、あなたのお店はどうやって見つけてもらうか?って言う事をシリーズで書いてきました。

【あなたがネットで見つけてもらう5つの方法】

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その1

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その2

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その3

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その4

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その5

答えとしては、検索、広告、ブログ、SNSといったところで見つけてもらう訳ですね。

ところが、単に見つけてもらうといっても発信すれば良いかと言うと、そんな安易なものではないんですよね。

今日言いたい事をまず言っておきましょう!

それは

「あなたが言うよりも他人が言う事の方が信用される」

と言う事なんですね。

ブログもSNSもどんどんやった方が良いのは間違いないのですが、やっていくうちに不思議な感覚になってきます。

「誰も僕が書いたことには反応してくれない」

もしくは

「数人の人とだけのやり取りに終わっている」

そして結局

「全く売り上げになんか結び付かない」

という結果にたどり着き

「ブログやSNSをやっても無駄じゃね?」

という感覚に襲われて、最終的には何の結果も残せずに辞めてしまうか、数人の友達たちとの交流ツールとしての役割に徹することになります。

やってもやっても結果、つまり売り上げに結び付かないのは何故か?

それは

「あなた自身が発信してしまっているから」

つまり、本当はやりたくないけど「売り込みになってしまっている」という事が大きな理由です。

僕は「リスティング広告」を見てクリックする事は殆どありません。

意識的に避けています。

広告と分かっているからです。

あなたはどうでしょう?

同じように、自分で自分のお店や商品の情報を発信している人を見て「行きたい!」「買いたい!」となる事はあまりありません。

そりゃ、有名人や自分がリスペクトする人が宣伝していたら気になるかもしれませんよ。

でもそれをやっているのが大手企業の広告ですよね。

一般人であるお店の人が自分のお店の商品を宣伝する。

これは買わないです。ふつうは。

だから結局どうなれば良いのか?というと

誰かに「これ買ったんだけどすごくイイ!」とか「メチャメチャ美味しい!」とか、そんな事を「お客様が発信してくれる」のが一番良い訳です。

ショップの機能で言うところの「レビュー」ですね。

ある楽天ショップのレビューです。買った人の良い評価が書いてあると欲しくなりますよね♪

この「レビューをSNSで書いてもらう」ようにしたい訳です。

または

「自分以外の人が言っている評価」を見てもらうのです。

ここを必死になって考えれば、たぶんあなたのお店は売れます。

お店に来なければ見えなかったレビュー。

これをお店に来てもらうために見てもらいたいのです。

わかりますよね?

今日から3日間、一つのテストをしてみます。

どんな結果になるのか、僕も楽しみにしています。

結果は今週末に報告しますね!

【あなたがネットで見つけてもらう5つの方法】

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その1

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その2

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その3

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その4

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その5

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2002年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です