あなたのやっている事にどんな理由がありますか?

Pocket

まずは月商50万円アップしよう!ネットショップコンサルの森です!

僕は「これは何のためにやっているのか」を考えてしまう癖があります。

特に「売れている人」「売れているお店」を見るとよく考えます。

ブログの書き方や、商品名についてもそうです。

「なぜそうしたのか」

それを考える事で、自分にも活かせる事が増えてきます。

 

昨日は名古屋のスモールビジネスコンサルタントの高橋先生からニュースレターが届きました。

19598895_1351992441583397_2893163566859722011_n

いつも楽しみにさせてもらっているのですが、そのニュースレターを読んでも考えてしまいます。

「どういう意図でこうなったのか」

考えても僕の頭では理解できない事がほとんどですが、勝手に「こうすれば良いんだ!」と納得したときには真似をしてみます。

 

ネットショップを運営する皆さんも、「売れているお店」や「売れている人」を見たらちょっと考えてみてください。

「どうしてこれをやっているのか?」を。

売れているお店では、何か理由があってやっている事がほとんどですから、それを少しでも理解して真似をすることをお勧めします。

ただ、注意してほしいのは「全く理解しないで真似をする」こと。わからないままやってもいいんですが、少しでも理解しておくと上手くいかなかったときに改善しやすくなります。

 

そして最後におすすめする事があります。

真似をしたら、そのお店から安いものでも何か商品を買ってあげましょう。

感謝のしるしとして。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です