未分類

売上を上げたかったらライバル店を見つけなさい!

ネットショップの運営で
最初から売る力が有った人は稀である。

僕はそんな風に考えています。

僕が今まで見て来たショップ運営者で
最初はダメダメで実力が無かったのに
今は結構売れている人が沢山います。

つまり
あなたに今、売る力が有ろうが無かろうが
将来ネットショップで売れるかどうかとは
直接関係ないと言う事です。

平べったく言うと
他力本願で売れた人がいっぱいいるんです。

運だけで売れた人もいます。
たまたま商品が良かったと言う人もいます。
人に助けてもらった人もいます。
ライバルが現れて引っ張られた人もいるし
時流に乗った人もいますね。

これら全部が
自分以外の力が働いた結果
たまたま上手くいっただけの話です。

ただ、僕はこの中で一つ
自分でコントロールできることがあると思っています。

それは

「ライバルが現れる」という事です。

なぜこれがコントロールできるのかと言うと
「ライバルは自分で設定できる」からですね。

自分で勝手に
「あの人に負けたくない」
「あいつに勝ちたい」
「あのお店の売上を抜きたい」

そんな風に競争相手を設定するんです。

もちろん
商売は競争でもなければ
誰かとの勝負でもありません。

でも
売上が上がっていないと言う人の中には
危機感が薄くてスピードアップ出来ない人が結構います。

反対に
ライバルを設定する事で
自分を奮い立たせ、
必死に売り上げを上げていく人も見てきました。

特に最初の段階では
自分の成長の為にライバルを設定するのは非常に有効です。

ライバルを設定してスタートしたら
最初はその人を成功例と設定して
真似から入ってください。

真似をしているのに上手くいかないとしたら
そこで考える筈です。

何かが足りないんです。
そこを調べて研究する事が成長に繋がります。
これは物凄く大事な事です。

ネットショップで他店の真似をする人は五万といますが
上手くいかないケースが殆どです。
だって表面上では真似をしていても
裏側で実際に何をやっているかがわからないから。

そこで「なんだ、上手くいかないじゃないか」
と言って辞めてしまう人が多いのですが
そんな簡単に行くはずが無いんです。

ここでどれだけ自分の力を付けるか
真似をしてダメだったら
足りない部分を想定して
自分流にしていくんです。

そうやって
徐々に自分の力を付けていった人だけが
ネットショップの売上を上げていきます。

あなたのライバル店はどのお店ですか?
明確に設定して諦めず
その背中を追いかけてください。

そうする事であなたに売る力が付いて
きっと継続的に売れるようになっていきます。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。