【BASE】無料テンプレートの見た目を変えると売れるのか?

Pocket

昨日のメルマガでも書いたんですが、BASEショップの見た目を変えました。

今までの見た目は何屋さんかもわからない取ってつけた看板でした。これは最悪です。皆さんに見てもらうのも恥ずかしい。

と言う事で見た目を変更しました。

以前のBASEデザイン
変更後はこちら

お店や会社の人が、案内板を貼る時「A4のコピー用紙に印刷」したものでは少しオシャレじゃない。そんなちょっとした雰囲気づくりに役立つのが「木製プレート」です。

その木製プレートを売るお店らしい見た目にするのはなかなか難しいです。しかも無料のテンプレートを使ってやろうとしたらね。

BASEのお客様って、検索ではなかなか来てくれないのかなって思うんです。スマホのアプリを通して購入する人が多いのかな?

もしそうなら、BASEのアプリでのお店の見た目って、どのお店も殆ど同じになるんですよね。だからアプリで見てくれているお客様にとっては店舗デザインは関係ないんです。

これ、結構重要なんですよね。BASEで売る事について言えば「ショップデザインは二の次」って事になります。

そうなると、他に売り方があるはずですね。

商品力、訴求力、量、質、露出度など。順番にトライしていきます。

今いちばん足りないのは「アイテム数」だと思っています。

実は、そこのところで検討中なんです。決まったらまたここで書きますね。

ノウハウで生きる時代は終了、仕入れの模範解答はこちら

アイテム増殖用秘密兵器がベールを脱ぐのか?

今日はこんなところです。

皆さん、素敵な日曜日を!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。