【独りで頑張れ!】出来る人はまず自分で行動を始める

Pocket

独りで頑張れる人が強い
コツコツ頑張る人がやっぱり強い!

コツコツ頑張る人がやっぱり強い!

事業を上手く進めるにあたっては「誰かの教え」を受ける事ってあると思います。

世の中には先生と呼ばれる人がたくさんいて、その人の教えに従って頑張る人(生徒)も多くいます。

学校時代から基本的に生徒は先生の言う事を聞きます。先生の言う事が正しくて、それを学んで成長する。

ただ、そうして大人になった多くの人は「先生の言う事が正解」と思ってしまう人が少なくありません。僕も知らない事を教えてもらう場合は先生の言う事を信じます。知らないんですから当たり前です。

でも、僕たちも大人になると「自分で学ぶ(独学)」事もできるし、自分で考えて「行動」できます。

今の時代はインターネット上に多くの情報がありますから自分で行動しやすい環境にあると思います。

ネットショップの運営も孤独なもの

誰かにやり方を教えてもらった方が早いかもしれないし、尊敬する人が言う事を信じて頑張るのもいいでしょう。

そうやって「誰かの教え」に頼って結果を出すのはそれはそれでアリでしょう。

でも、僕はそれが「楽をする」事に繋がってはいけないと考えています。

誰かに教えてもらい、グループに入る事でお客様になって売上を助けてくれる人がいるかもしれない。

それはそれであってもいい。

でもまずは自分で頑張って独りである程度の成果を出すまでやってみる事が僕は大事だと思っています。

最初から誰かに頼って、誰かに助けてもらう事を考えていたら売上を上げ続ける事なんて不可能です。

どんな業界でも頑張って結果を出した人は後からやってくる若い人達を見て「応援したい」と考えるものです。だって自分も苦労してここまで来たんだから。

でもそんな人たちのようになろうと思ったら、そこで助けてもらう事よりも、その人達が通ってきた道を教えてもらって、同じように頑張って結果を出す事を考えるべきじゃないかと思います。

商工会、異業種交流会、ビジネス塾など、僕はそこにいくのは良いと思います。

でも、その前に心構えとして「自分が一人で頑張る」事を前提として欲しいんです。

楽しくやるのはそれからで良いと僕は思っています。

⇒まず独りで黙々と頑張りたい人はこちらをご覧ください。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。