ショップの運営

ネットショップは必ずメールマガジンをやりなさい!

僕は何通か他店のメルマガを購読しています。

お店ごとに書き方は違うし、内容は様々です。

元々、
売れているお店はどんなメルマガを書くのかを見る為に購読しているんですが
どうせ見るのなら好きな商品を扱うお店にしようと思って選びました。

今日紹介するのはこのお店

キャンディタワーさん

有名なアメリカ雑貨のお店です。

かなり以前からネットショップのトップランクを走るこのお店。(Since2001と書いてありますね)

メルマガでは新商品が紹介される事が多く
僕もそれを楽しみに見ています。

このメルマガですが結構頻繁に届きます。

大体週2回くらいのペースで発行されるんです。

少ないですか?

でもね、毎回送られてくるメルマガのボリュームを見ると

これを週2回発行するのは結構な労力が必要ですよ。

直近3回のメルマガはこんな感じ。
長さは見えている3倍くらい長いです。

これは本当に凄いです。
殆どブログかと思うような長さと内容。
恐れ入ります。

でね、

僕はこのメルマガと同じような事を
貴方にやってみてくださいと言うつもりは無いんです。

もちろん出来る人はやった方が良いですよ。
でもここまでのクオリティを他の売れているお店もやっている訳では無いですからね。

それよりも大切な事があります。

まず

メルマガは絶対に発行する!

と言う事です。

これをやらないと始まりません。

なぜネットショップにメルマガが絶対に必要なのか?

メルマガは相手の意思で購読が決められるものです。
嫌なら最初から購読しないし
間違って購読を申し込んでも
すぐに解除できます。

だから相手が

「送ってもいいよ!」

という承認の上
送っているという前提でお手紙なんですね。

一般的には
お店で一度でも買い物をした人が
購読するシステムになっていると思います。

つまり
一度はあなたのお店や商品を気に入って
買い物をしてくれた実績がある。
だから他にもこの人が好きな商品は
まだある可能性が高いですよね。

キャンディタワーさんで買い物をした人は
アメリカ雑貨が好きな人です。
だから、メルマガが届いて開いたとき
大好きな商品が紹介されていたらどうですか?

欲しくなる人が多いですよね?

たまに本屋さんに行って
自分が好きな趣味の雑誌を読むと
載っている商品が欲しくなる人が多いと思います。

それと同じです。

本屋さんに行かなければ
目にしなければ普段は忘れているんです。
だから欲しいとも思いません。

メルマガが届かなければ
目に触れなければ普段は忘れています。
だから買いたいとも思いません。

逆に言えば

メルマガが届いて
目に触れさえすれば
買いたくなる人がいる。

そういう事なんです。

あなたのお店を思い出してもらおう!

人は忘れます。
特に今の時代は情報が増えすぎて
今必要でないものは頭の奥の方に追いやられています。

だから
メルマガで思い出してもらうんです。

あなたの商品が好きだと言う事を思いだして
ワクワクする気持ちで見てもらう。

そうなると
メルマガの形は文章だけのテキストメールよりも
キャンディタワーさんのように
写真入りのHTMLメールが良いです。

発行頻度は週1回でイイと思います。
でも内容は手を抜かない事が必要です。
だって簡単に購読解除できるから
おもしろくなければ終わってしまいます。
いいアイデアが無ければクーポンを付けてもいいんです。(僕はクーポン付きメルマガにしています)
クーポンを付ければ開封率が上がりますから。
そのままゴミ箱へ直行は避けたいんです。

メルマガは本当に重要です。
最初は売れなくてもいいんです。
やり続ける事が重要です。
必ずそのお客様が助けてくれます。

是非やってください。
これ、必須です。

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。