どちらが正解かわからない時の行動

Pocket

今のショップの売り上げがあまり良くない時、ほとんどの人が何かを変えようとします。

しかし、変えようとしてもそれが正解かどうかはやってみなければわからない場合がほとんどですよね。

変えたって何も起こらないかもしれない。

やった事が無駄に終わるかもしれないし、ひょっとしたら現状よりも悪くなる可能性だってある。

だから変えられずにいる。

そんな人もたくさんいると思うんです。

 

昨日、なんと九州博多から私の住む奈良県まで面談コンサルティングを受けにやってきてくれたのが中口さん。

IMG_8261

 

9月からネットショップを立ち上げ、奥さんと二人で運営をされています。

まだ始めたばかりでわからない事もたくさんありながらも奮闘中のお二人。

でも、わからないなりに試行錯誤しながら良いお店を作っていこうと頑張っておられます。

ただ、やっぱりやろうとしていることについて正解なのかどうかが不安で出来ていない事もたくさんあるというのが現状のようです。

お話をしているとその辺りの気持ちがすごく伝わってくる。

「やっぱりそうか」

「あれで間違ってなかった」

と、私の話を聞きながら確認するように声がでていましたから。

戻ったらすぐに更新に取り掛かる事でしょう。

 

今回は奥さんと小さな娘さんと一緒に家族で来てくれた中口さん。

ご主人は外商などで出かける事も多く、ネットショップの更新は奥さんが中心にやられていますが、赤ちゃんの面倒をみながらの運営で大変だと思います。

そんな中口さんのショップがこれから大きく育っていけるように、私も全力でサポートしていきます。

IMG_8262

 

自分のやっていることの是非がわからない。

どちらに進むのが最善かの判断が難しい。

そんな時は誰かに相談したくなると思います。

でも、周りに誰もいない。

そんな方は是非今回の中口さんのように行動を起こしてみると良いと思います。

あ、遠方から来てくださいと言う訳じゃないです。

ご相談はこちらからメールでどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

どちらが正解かわからない時の行動” に対して1件のコメントがあります。

  1. こころの里 中口忠則 より:

    こんにちは。こころの里の中口です。

    昨日はお忙しい中、ありがとうございました。
    早速アメブロを登録してみました。
    出来る事から、とことんやっていこうと思います。

    1. studio-pass より:

      中口さん、昨日はこちらこそありがとうございました。
      早速行動されていますね!
      私は今回の中口さんの行動力には本当に刺激を受けました。
      負けずに頑張りたいです。
      わからない事があればいつでも電話、メールで聞いてもらって結構です。
      一緒に頑張っていきましょう!
      奥さんにもよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です