なぜ「無料」で提供するのか

Pocket

10月最後の週です。

今月も良い事、悪い事、色々あったと思います。

当然僕もそうです。

まぁ、悪い事の方が多いかも知れませんが、それも考え方次第なところがあります。

朝から玄関を掃除しました。良い事がありますように(^^)/

嫌いな人からの連絡でやる事が増えると迷惑と感じる。

好きな人からの頼まれごとは喜んでやる。

現象はどちらも「頼まれごとを引き受けた」だけ。

ただ、嫌々やった事については結果もあまりよろしくない。それが色んな悪循環に繋がる事が多いですね。

同じやるなら機嫌よくやった方が良いですね!

 

さぁ、年末ももうすぐです。

今年の最後に「良い年だった」と思えるように

ラストスパートと行きましょう!

 

さてブログです。

どうやって集客するのかを考えないと売れないのです

ウチにある「ホッティー薬店」さんの試供品

タダより怖いものは無い

昔よく親から聞いた言葉です。

美味い話には裏がある

これもよく聞きましたね。

 

でも世間では「無料」と謳って商品を提供するお店や会社がたくさんあります。

 

理由はもちろん

「興味を持ってもらう」こと

「一度でも使ってもらう」こと

が挙げられます。

 

でも、一番欲しいものは何か

これさえ手に入れる事ができれば、次のステップに繋がる重要なもの。

それが欲しいがために

「無料サービス」が存在すると言ってもいい。

 

僕が見たところ、個人事業でも会社でもこれをやらずに売り上げを伸ばしているというのは聞いたことがありません。

お店が身銭を切ってでも手に入れたいモノは何か?

売れている人が実践しているやり方は?

本日のメルマガでお伝えします。

 

メルマガは本日17時ごろお届けの予定です。

まだ購読されていない方は下記からどうぞ!

メルマガの登録はこちらからどうぞ!!

メールマガジン「もりマガ」で集客方法やセミナー情報などを配信中です!

 

 

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です