【顧客心理】お客様が来ない理由はこれだ!

Pocket

売れる商品名に変更して売上アップした事例

「伝える」のと「伝わる」のは違いますね。
こちらから一生懸命に伝えたとしても、相手に伝わるかどうかはわかりません。

僕のクライアントの商品で「領収書」が売れている雑貨店があります。
このお店がスタートしてからずっとトップの売上を記録しているのが「領収書」です。
雑貨店なのに領収書が人気というのが不思議です。

この商品名が

【かわいい】領収書

です。

売れているかわいい領収書がこれです!

普通の領収書ではない、ちょっと変わった領収書が欲しい人は結構いるようで、そんな人がどのように検索するのかを考えると良いという話です。

これが「顧客心理を考える」と言う事です。

【かわいい】に拘わる必要はありません。

他の言葉でも構いませんよね。

僕の書いた文章に出てきた

【変った】
【売れている】
【人気】

を入れるのも良いと思うんです。

お客様が「どんな」商品を欲しいと思っているかを想像する事が大事です。
お客様に例えると難しいので自分で考えてみてください。

【かっこいい】革財布が欲しいなぁ
【恥ずかしくない】服装で忘年会に行きたい
【娘にモテる】髪型にしたいなぁ

僕ならこんな感じです(≧◇≦)

あなたのお店もこんな風に顧客心理を考えた「売れる商品名」を考えてみてはどうでしょう?!

⇒<11月限定>【売れる】お客様に伝わる商品名講座

大阪にてセミナー開催します! お一人様5000円税込みです!

会場:大阪本町付近(ラミ本町Rayの予定 本町駅より徒歩2分)
開催日:11月27日(水)
時間:午後13時~15時まで
先着12名まで
お支払い方法:銀行振込前払い、storesJPクレジット払い、paypay前払い(1.5%還元キャンペーン中)
お申し込みはこちらからどうぞ

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。